似て非なる興信所と探偵

興信所と探偵というと言葉の響きとしては、興信所の方が信頼できそうだと思っていましたがどうやらもともとは違った性格を持っているようです。興信所業務として代表的なのは、様々な信用調査ですが、調査員は調査対象者に身分を明かすことが前提で調査自体は、かなり表面的なものになるようです。従って、比較的安価な料金設定がされていますが、込み入った調査や対象者に身分を明かさない調査に関しては、特別な料金を追加で支払わなければならないなどのトラブルも考えられます。

 

興信所として有名な会社には、帝国データバンクと東京商工リサーチがあります。現在では、信用調査会社ということになっていますが、発足時には、それぞれ帝国興信社、株式会社東京商工興信所という名称であったことからも興信所と探偵の違いがなんとなく窺い知ることができます。主に企業の信用調査などをするところが興信所、個人的な諸問題をなるべく秘密で調査するところが探偵事務所であるということになるでしょうか?

 

ただ、現在では興信所も探偵もほとんど区別がなくなってきているようです。当サイトでは、個人が調査を依頼するときに注意するポイントや良い探偵事務所の選び方に焦点を絞って安心できる会社はどのような会社なのかを掘り下げてみたいと思います。

探偵のお仕事

探偵というと探偵ナイトスクープとか探偵物語などを思い出される方もいらっしゃるかもしれませんね。実は、私の名前は、工藤 俊作というので、探偵とは切っても切れない縁があるような気がします。松田優作さんが演じた探偵の工藤ちゃんと同姓同名なのです。従って、探偵オタクを自認しています。

 

個人的に探偵事務所をやってみたいと思っていたこともあってかなり探偵の仕事について調べたのですが、実際にはドラマや映画みたいにスリリングな仕事の依頼が来るわけではなくて地味な調査が多いみたいです。

主な仕事
  • 浮気調査
  • 所在調査
  • 家出人捜索調査
  • 企業信用調査
  • 人事調査
  • 市場調査

良い探偵事務所の選び方

昔は、いいかげんな探偵事務所がたくさんあったようですが、最近ではかなり淘汰されて個人で経営している怪しい探偵事務所などは少なくなっているようです。ただ、こと料金となると会社によってかなり差があるという現実があります。実際に探偵に仕事を依頼する場合には、あとから上乗せして支払わなければいけない費用などが発生しない会社や、依頼がうまく行かなかった場合にも調査費用が変わらない会社などは避けたほうが賢明だと思います。

 

実際にどこに頼んで良いのか良くわからないという方がほとんどだと思いますが、ネット上の口コミなどを見ても同業他社のやっかみのような口コミに左右されずに実績重視で選ぶのが良いと思います。探偵の業務の特殊性を考えると「夫の浮気相手の特定と現場を押さえることに成功して満足しています。」なんていう口コミが書き込まれる可能性などほとんどないはずなので、インチキな口コミや書き込みには要注意だと思います。

 

もし、私が探偵として就職するとしたら、この会社を選ぶと思います。理由は、業績がとっても安定していることと業界大手だということ、全国各地に拠点があることです。いろいろな地方に行くことができて楽しそう!そんな甘い考えなんですけど。
ただ、1番の理由は、日本調査業協会というところに登録していて信頼性が抜群だからです。
もしも、東京に住んでいなかったら、地元の探偵事務所に就職するほうが良いかもしれませんが、この協会に所属しているかどうかはとても大きなポイントなので、参考にして欲しいと思います。

 

当然ですが、就職したい会社と仕事を依頼したい会社は、当然同じであるべきで、仕事を依頼する場合にも日本調査業協会に登録している会社を選ぶべきなのは言うまでもありません。
ホームページでしっかり説明している会社